自動車保険の事故対応はディーラーと代理店のどちらが良いか

自動車保険に加入したいなら、保険専門の代理店で申し込むという手段はあります。
ですが、それ以外にもディーラーもあるのです。
もちろんディーラーでは、新車を購入する事はできます。
ディーラーでは購入と同時に、自動車保険に加入する事も可能なのです。
ところで自動車保険への加入を検討している方々は、上記のどちらにすべきか迷っている事もあります。
料金と手間を重視したいなら、ディーラーの方はおすすめではあります。
ディーラーで申し込みをするメリットは、まず手続きがそれほど煩雑でない点です。
ディーラーでは、もちろん車の新規購入をする事はできます。
それと同時に自動車保険への加入も可能ですから、総じて保険に関する手続きは、シンプルかつ手軽になる傾向があります。
あまり手間をかけたくないなら、ディーラーの方がおすすめです。
他にもメリットがあります。
お店によっては、割引が生じる事もあるからです。
というのもディーラーによっては、セット割引などを採用している事もあります。
新車を購入すると同時に、保険も加入した時には、特別割引を適用してくれる事もあるのです。
ですから自動車に関わる様々な出費を抑えられる可能性もあります。
逆に保険専門の代理店ですと、必ずしも割引が発生するとは限りません。
上記のようなメリットはありますが、ディーラーにはデメリットもあるのです。
知識面に関する点は、軽視できません。
確かにディーラーでは、保険に加入する事は可能です。
ところが、そのお店は余り保険に詳しくないのです。
確かにディーラーというお店は、新車を販売する知識は非常に豊富です。
新車を購入するという目的だけでしたら、ディーラーはおすすめなのです。
しかし残念ながら、ディーラーは保険にはあまり詳しくないので、後々になってトラブルになってしまう可能性もあります。
保険に関する説明が不十分だったので、いざ事故に遭遇した時に、保険金がおりなかったという事例もたまにあります。
それに対して保険専門の代理店は、専門知識は非常に豊富です。
毎日のように自動車保険の契約に関わっている都合上、保険に関するアドバイスを受ける事もできます。
このアドバイスを受けられるという事は、意外と大切なのです。
きちんと知識を覚えておいて、適切な保険に加入しておかなければ、いざという時に補償がおりない可能性もあるからです。
その点保険専門の代理店でしたら、きちんとアドバイスもしてくれます。
手厚いサポートを受けたいなら、ディーラーよりは代理店がおすすめです。

>>自動車保険の事故対応満足度ランキング:代理店、通販型、ダイレクト型で違いはある?